無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | ▲このページの先頭へ |
「ゆっくり」「よくかむ」は健康のもと(2006年6月)
みなみ歯科診療所 歯科衛生士  宮田 裕希

卑弥呼の時代は1回の食事に約3990回かんで食べていたそうですが、何と現代は約620回しかかんでいないそうです。またサラリーマンの昼食をとる平均タイムはなんと6分ということです。
下の表は、早食いの人とゆっくり食べる人を比較したものですが、食事中の心拍数は49%増。なんと1・5倍も心臓が動いているのです。これが10年、20年、30年、50年と続いたら…。怖いですね。

また、やはり早食いの人は平均BMIが高く、肥満の傾向になりがちのようです。「よくかむ」という生活習慣を見直すことがとても大切です。もちろん歯みがき習慣はいうまでもありません。

6月は「歯の健康チェック月間」です。月間中に一度は健康チェックや歯科検診を受けて、歯の健康を保ちましょう。

「早食いの人」と「ゆっくり食べる人」の比較

財団法人ライオン歯科衛生研究所・東京歯科大調べ/対象:東京都内の会社員、男女20〜50代の340人(朝日新聞2004年7月6日より引用)
 早食いの人ゆっくり
食べる人
備考
BMI(平均)23.521.6生活習慣病の予防には22がべスト
満腹感
(おにぎり)
7個
17.2分
5個
33.7分
・244kcalの違いがあった
・血糖値は食事開始30分がピーク
心拍数49%増〜20%増食事中に測定
脳波β波が増加変化なしβ波は緊張すると増加
血圧(最高)13%増8%増食後に測定

食事ゆっくり食べるためのコツは…
  1. 飲み込む前にさらに5回かむ。1口30回かむ。
  2. ひと口分の量を減らす。スプーンよりはしを使う。
  3. 汁物や、お茶などの水分と一緒に流し込まない。
  4. 焼きそばや力レーライスなどのやわらかい食事には、きのこや肉、シーフードなどを入れる。
  5. 野菜は煮るより生で。煮るときは大きめに切って固ゆでに。
  6. 麺類は太めのものや固ゆでにして。
  7. お茶漬けやおかゆ、雑炊などはかきこまず、小さなスプーンを使う。
  8. 外食は品数が多い定食ものを選ぶ。
  9. はし置きを使って、時々はしを置く。
  10. 2人以上で会話を楽しみながら食べる。
| kenkou-minami | - | comments(0) | trackbacks(3) | ▲このページの先頭へ |
▲このページの先頭へ