無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | ▲このページの先頭へ |
←前の記事 最新記事 次の記事→
冬の脳心事故予防(2005年1月)
かなめ病院 院長 後藤 浩

 今年も暖冬とはいっても徐々に冬らしくなりつつあります。みなさまもいろいろと健康に気を配ってお過ごしのことと思います。今回は主に脳卒中の予防について書いてみました。

 脳血管障害の平成14年度死亡率は第3位(13・3%)でした。その内訳は脳梗塞63・9%、脳内出血24・8%、クモ膜下出血11・7%でした。さらに要介護になった主な理由として、平成13年の調査によると第1位が脳血管障害で27・7%でした。

 脳心事故は主に動脈硬化が原因となり発病し、生活習慣病といわれています。特に高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満は「死の四重奏」といわれてぜひ克服しなければならない問題です。その予防法を列挙してみます。

  1. 高血圧予防…血圧測定をする。
  2. 急激な温度変化を避ける…脱衣場、トイレなどは要注意です。
  3. ストレスをため込まない。
  4. 過労・睡眠不足をさける。
  5. トイレで力まないようにしましょう。血圧が上がります。
  6. バランスのよい食生活を。
  7. アルコールは日本酒なら1合程度に。
  8. タバコは危険です。
  9. 適度な運動をする。
  10. 健康診断を利用して生活習慣病を早期に発見し、早めに生活習慣の改善に役立てましょう。

(インターネット上での『健康日本21』等を参考としました)
| kenkou-minami | - | comments(0) | trackbacks(11) | ▲このページの先頭へ |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | ▲このページの先頭へ |
コメント
名前:
Eメール:
url:
コメント:
トラックバック
http://kenkou-minami.jugem.jp/trackback/19
2006/12/11 4:36 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/05/09 8:58 PM posted by: 高血圧症の予防
高血圧は血管に強い圧力をかけた状態が長く続く為、管の機能が低下しコレステロールが貯まりやすくなります。また、心臓も高い血圧に対抗して働く為負担がかかり次第に機能が低下。その結果心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすのです。医療の高度化に伴い脳卒中で死亡する
2007/05/09 11:48 PM posted by: 高脂血症の予防と対策
6高脂血症の症状についての情報です。 高脂血症の症状についての内容の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。
2007/05/10 10:18 PM posted by: 動脈硬化の予防と対策
動脈硬化の症状についての情報です。 動脈硬化の症状についての内容の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。
2007/05/11 12:24 AM posted by: 動脈硬化の予防と対策
動脈硬化はドロドロ血液が引き起こす?動脈硬化の原因は血液にあるといえます。ですから、ドロドロの血液の状態を改善することが、動脈硬化の一番の予防につながります。動脈硬化の予防ポイント(1)食生活の見直しをする肉類を減らして魚を食べるようにする。できれば
2007/05/14 11:07 AM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/05/19 1:23 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/05/24 8:54 AM posted by: ケンコウ 生活 で 悩み 解決 ☆ ケンコウ 生活 で 健康家族
熊井 啓(くまい・けい)監督が23日午前9時51分、くも膜下 出血のため死去しされました。くも膜下 出血(くもまくかしゅっけつ、subarachnoid hemorrhage; SAH)は、くも膜下腔に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態です。クモ膜下 出血は全脳卒中の8%を占
2007/05/25 7:56 AM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/07/07 11:47 AM posted by: 生活習慣病の予防に健診で検診しよう!生活習慣病 メタボリックの予防に運動も大事!
生活習慣病は、現代でいろいろとありまして、名前の通り生活習慣により様々な病気が出...
2007/07/08 9:05 AM posted by: ケンコウ 生活 で 悩み 解決 ☆ ケンコウ 生活 で 健康家族
重症心身障害児という言葉を聞いたことがありますか?重症心身障害児は、肢体不自由と知的障害が重複して重く、歩行・手の機能などの自立が困難であり、日常生活動作の大部分に介護を必要とする障害児です。また、重症心身障害児は、けいれんや発熱、肺炎などを繰り返し
▲このページの先頭へ